calendar
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
archive

鉄の時代

新しい時代の基本技術、ベアリングは機械を稼働させるのに無くてはならない存在なんです。

古来日本においては、江戸幕末期にペリーが「開国してくださいよ~」とやってきて鎖国が解かれ、井伊直弼が桜田門外の変で殺されたり新撰組の池田屋事件があったりしながら、函館五稜郭の闘いなども経て倒幕され、ついにええじゃないかええじゃないか!と新しい時代がやってきたのでした。

その結果、明治時代に突入して「ザンギリ頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」というような歌が生まれるほどに日本は大きな変化を果たし、産業革命期には鉄鋼の生産が大きく発展したりもしました。それが八幡製鉄所による力であることは否定出来ない事実であるといえるでしょう。鉄鋼の生産が発展しなければ現代の日本は生まれませんでしたし、戦後の高度経済成長も非現実的なものだったでしょう。明治期の鉄鋼業界の成長は、八幡製鉄所なしには語ることができません。

そして鉄鋼の成長は様々な金属製品の制作を生み出し、国産自動車も作られるようになり、戦時期には戦艦大和などに代表される各種軍事兵器も作られるようになりました。鉄鋼技術の進化は日本の技術力に素晴らしい進化を与えたと言えます。

自動車は耐久消費財に含まれるわけですが、この長期の利用の中で当然各種パーツは調子が悪くなっていくことは間違いありません。ベアリングもしかりです。このベアリングがまたクセモノで、ちゃんと交換してやらないととんでもないことになります。ベアリングを交換していなかったばかりに命を落とすということもありますから、本当に部品交換はちゃんとしましょう。ベアリングの交換はカーディーラーに相談すると良いです。

良いディーラーを見つけて、そのディーラーと仲良くなることでより愛車の寿命は伸びるでしょう。販売した車に責任をもってくれるディーラーとであることが良き自動車の購入につながります。

Comments are closed.